ドクター・スタッフ紹介|池袋の歯医者さんムクノキ歯科 池袋駅徒歩3分

池袋の歯医者さんムクノキ歯科 池袋駅徒歩3分

診療時間 月~金 10:00~19:00
               土曜日 10:00~18:00
休 診 日 日・祝日

0339884848

24時間WEB予約受付中

お問合せフォーム

ドクター・スタッフ紹介

院長紹介

椋木 アレン

椋木 アレン

略歴

  • 1992年 日本歯科大学 卒業
  • 1995年 ムクノキ歯科 開業

所属

  • 日本インプラント学会
  • 臨床歯周病学会
  • AAP学会
  • デンタルコンセプト21

資格

  • 日本口腔インプラント学会 専修医

images

images

images

images

images

世界基準の歯科治療を日本でも

世界基準の歯科治療を日本でも

私の父は歯科医師でもありましたが、むしろ事業家としてさまざまなビジネスを行っていたという言い方がふさわしいと思います。海外に渡航する機会も多く、そのため私も学生時代の多くの時間をアメリカで過ごし、そのまま東海岸の医学大学に進学する予定でした。
しかし父が亡くなってしまったため帰国することとなり、慣れない日本語を勉強しなおして父と同じ歯科医師となりました。ちなみに、入試の際にもっとも苦労したのは身に付いた英文を和訳することでした(笑)。もちろん、いまでは日本語もネイティブスピーカーです。
数年間、歯科医院に勤務医として勤めた後、現在の「ムクノキ歯科」を開業。まだ20代の後半のことでした。

現在でこそ日本の歯科医療は世界レベルですが、開業当時はまだまだヨーロッパやアメリカに大きく後れを取っていました。私はもともと外国での生活が性に合っていたこともあり、それら世界の進んだ歯科医療を学ぶため、海外の歯学専門誌に載っているそれぞれのオーソリティーのもとを訪ね歩き、進んだ歯科技術を直接、海外のドクターから学ぶようになりました。
現在でもその姿勢は貫いており、イタリアやスペイン、フランス、アメリカなどに渡航して、骨の再生術や組織の移植、審美歯科など世界の先端技術を学び、それを当院の治療に生かしています。

界基準の歯科治療を日本でも

各国の先生方のもとに複数回訪れて学ぶほか、インターネットで質問をして回答をもらうスタイルです。また、私の座右の銘はコンティニュアス・スタディング(常に勉強を続ける姿勢)。
歯科医療の最新論文は英語ですが、私はアメリカの大学で学んでいたくらいなので、ある意味日本語よりも楽にすらすらと読めますし、いつも最新の研究結果を吸収しようと努力し続けています。滅菌体制など衛生面でまだ一部、日本には遅れている部分もありますが、当院では先端技術だけでなく、滅菌体制においても万全を期しています。お口の不具合や気になる歯がある場合には、どうぞ安心して来院してください。

院長:椋木アレン

スタッフ紹介

歯科衛生士 日森

所属

  • 日本顕微鏡学会 認定歯科衛生士
  • 日本歯周病学会
  • 日本口腔ケア学会
  • 介護支援専門員

コメント

マイクロスコープを使用した歯周基本治療が得意です。
口腔内で行う歯科治療肉眼で正確に捉える事が難しい作業です。 ですので、診療時は必ずルーペもしくはマイクロスコープを使用し、手探りの不確かさを排除し、的確な手技を常に意識しています。
また、マイクロスコープを使用することで 映像を通して患者さまの口腔内を術者と患者さまご本人と共有することができます。
このツールを最大限に生かしいきちんと治療の説明をし、その方に合った治療の提案をさせて頂きます。

歯科衛生士 櫻井

コメント

口は一番初めの消化器官です。歯が健康であれば胃や小腸での消化吸収を助ける事が出来ます。 私達の体は毎日食べた物から出来ています。 ですから健康なお口の中はそのまま健康な体に繋がります。また、味わうことは人生において大切な喜びであると考えています。
まず歯を守る一番の土台となるのは歯磨きです。 当院では染め出し液を用いた歯磨き指導や歯科清掃用具の選択、実際にご自身のお口の中を撮影し苦手な部位をご確認頂くなど、毎日の歯磨きに役立てて頂ける情報をお伝えしております。
またメインテナンスにはPMTCという予防を目的としたメニューをご用意し虫歯の治療が終わった後もこれからの歯を守っていくお手伝いを致します。不安が多い歯科治療ですので、わからない事やご心配な事もお気軽にご相談ください。皆さんが毎日健やかな日々を送れる様お口の健康を守るお手伝いが出来れば幸いです。

歯科衛生士 杉谷

コメント

“食べる”ことは人間の最後まで残る楽しみといわれています。
私の祖母も8020(満80歳までに20本以上の歯を残す)を達成し、最期まで自分の歯で摂る食事をとても楽しんでいました。(ちなみに大好物はビールとからあげでした) 一方、祖父は入れ歯を入れており、思うように食事を摂ることができず、最期はとても痩せてしまいました。 歯周病は何かあってからではなく、何も症状がない時に定期健診に行くことをオススメします。
生涯ご自身の歯で食べられるよう、歯を大切にする意識をつけていきましょう。 予防の重要性を1人でも多くの方に知っていただけるように患者さまに寄り添い、より身近な存在として分かりやすくご説明できるよう努めます。

歯科衛生士 双木

コメント

常に患者さまの立場に立った言動を意識しており、「安心」を提供できるよう、笑顔をたやさないことを心がけています。
患者さまと距離が近く相談しやすい歯科助手を目指します。
cad camの製作の担当をしていますので日程のご相談等お気軽にご相談ください。

歯科衛生士 東山

コメント

お口の健康は全身の健康へとつながります。食べることは、生きること。食事を楽しむことで、毎日の暮らしが豊かになります。親知らずを除く28本の歯のうち 20本以上あれば、ほとんどの 食べ物を噛みくだいておいしく食べられると考えられています。歯を失う最も多い原因は、歯周病。歯を支えるハグキ(歯肉) や骨(歯槽骨)が壊されていく病気です。歯周病から歯を守るには、なにより毎日のセルフケアが大切です。 また、自分ではできないプラーク(歯垢)や歯石の除去など、私達歯科衛生士による定期的なプロフェッショナルケアでしっかりとメインテナンスを行っていきましょう。
歯周病の予防治療は患者さまと歯科衛生士の二人三脚で取り組んでいきます。
実際、歯周病治僚は治療回数が多いわりに、目に見える改善が少なく、モチベーションそのものが下がってしまう方もいらっしゃいます。患者さまにはわかりにくいかもしれませんが、歯科衛生士には状態の変化がはっきりわかります。 写真や動画、鏡をお見せして、前回よりも改善されている場所があればお伝えし、改善できていない部分は、歯ブラシの当て方などをお聞きして効果的なアドバイスいたします。
歯科の治療は虫歯や歯周病だけにとどまらず、全身疾患と深くつながりがあります。お口の中だけでなく、全身の健康とのつながりもお伝えしながら、少しでもご自身の体、健康に興味を持って頂けるよう日々診療にあたっています。

pagetop