池袋の歯医者さんムクノキ歯科 池袋駅徒歩3分

池袋の歯医者さんムクノキ歯科 池袋駅徒歩3分

診療時間 月~金 10:00~19:00
               土曜日 10:00~18:00
休 診 日 日・祝日

0339884848

24時間WEB予約受付中

お問合せフォーム

お知らせ

妊婦さんとお口の関係について②

お知らせ

2021.04.12

こんにちは!歯科衛生士の東山です。

前回、妊娠中のお口の中の変化についてお話ししました。

今回は妊娠中つわりのつらい時の歯ブラシ対策についてお話します。

 

 

👀つわりのつらい時のお口のケアのコツ

妊娠中につわりがひどく、十分に歯磨きができない…。といったお悩みは少なくありません。まったくケアしないのではなく、できる範囲でのケアを行って行くことが大切です。

 

□歯磨きの方法を工夫しよう

歯ブラシをお口に入れることで「おぇっ!」という吐き気、嘔吐反射を感じるという方がいます。その場合は、普段使っている歯ブラシではなく、小さい歯ブラシや糸ようじ、デンタルフロスを使ってみましょう。

また、いきなり歯ブラシを口に入れるのではなく、歯磨きの前に清潔な指で頬の内側や歯ぐきをマッサージすることで、口の中に物を入れるときの不安感を落ち着かせることができます。

 

□体調や気分が落ち着いてから!

仕事の休憩中などの外で行う歯磨きは軽くすませ、寝る前にゆっくりとリラックスして行える歯磨きは少し長めに念入りに行ってもいいでしょう。

 

□歯磨き粉をつけない

歯磨き粉の味やにおいに反応してしまう方は、あえて歯磨き粉をつける必要はありません。歯磨き粉の発砲作用は、爽快感もあり歯を磨けた気分になりますが、正しいブラッシングをしていればそれで充分です

 

□マウスウォッシュ、うがい

歯ブラスや他のデンタル用品を使用してのケアが困難な場合は、マウスウォッシュやうがいもひとつの手段です。特に、朝起きてすぐや就寝前が効果的です。妊娠中は唾液がねばつくことも多いので、口をゆすぐことですっきり感も得られると同時に、自浄作用も高めてくれます。

妊娠中は虫歯になりやすいため、つわり中もできるだけ歯の健康に気をつかうようにしましょう。つわりの症状がひどいときは無理に歯磨きをする必要はありませんが、少しでも体調が良いときに短時間でも磨けるといいですね😊

 

 

 

pagetop