唾液ってこんなにすごいの??②|池袋の歯医者さんムクノキ歯科 池袋駅徒歩3分

池袋の歯医者さんムクノキ歯科 池袋駅徒歩3分

診療時間 月~金 10:00~19:00
               土曜日 10:00~18:00
休 診 日 日・祝日

0339884848

24時間WEB予約受付中

お問合せフォーム

お知らせ

唾液ってこんなにすごいの??②

お知らせ

2021.03.15

こんにちは!!  前回に引き続き、歯科衛生士の杉谷です 🙄

 

 

 

 

前回は唾液の働きについてお話ししました 😛

 

 

 

 

今日は唾液が減ってしまう原因・対策についてお話したいと思います

 

 

 

 

 

では、何故唾液が出づらく、減ってしまうと思いますか?

 

 

 

それは以下の原因が唾液の分泌減少に多いと言われています。

 

 

加齢

 

ストレス

 

糖尿病

   (血糖値が高くなると、血中糖度が濃くなります。すると体は、細胞の水分を血液中に移動させ、血液中のブドウ糖濃度を薄めようとします。その結果、細胞が脱水状態となり、喉が渇いてしまい、水分をよく飲むようになるため、多尿が起こります。また、脱水状態から皮膚の乾燥も見られます。インスリンの分泌が高度に障害されてくれば、糖を取り込む働きが悪くなり、体重が減少してしまいます。)

 

口腔乾燥症

 

シェーグレン症候群

 (自己免疫疾患の一つで、涙腺、唾液腺などを刺激し、ドライアイやドライマウスをきたす病気)

 

薬の副作用

(抗コリン薬:風邪薬、過活動膀胱治療薬、鎮痙薬…)

(抗ヒスタミン薬:高血圧、抗不安薬、睡眠薬、アレルギーを抑える薬…)

↑これらはたくさんの種類を飲んでいる場合は、減らせるものがないか、主治医に相談しましょう!!

口喝の副作用がない薬に変えてもらえる場合もあります!!

 

口呼吸

 

放射線治療

 

喫煙 など

 

 

 

 

加齢やストレスで唾液の分泌が低下しているのかも

 

 

 

そう感じたら、すぐにご自身の食事の習慣をチェックしてみてください 💡

 

 

例えば、食べ物が噛みにくい、飲み込みにくいからといって、水やお茶で流し込んでいませんか?

 

※本来なら噛む度にたくさんの唾液が分泌されるのが理想です!!

 

それを水やお茶で流し込んでいると、唾液を分泌する習慣が断たれ、ますます低下していきます。

 

多少食べにくくても、飲み物なしで噛んでみようという習慣をつけてみてください。

 

咀嚼回数を増やすと唾液の分泌も増えていきます。唾液があまり出ないうちに食べ終えてしまう早食いも良くないので注意してください

 

 

他にも、

・食べる時の姿勢を正しくする

姿勢を正し、飲み込むことにより、飲み込みやすくなり、機能を衰えさせません。逆に背中を丸めてご飯を食べるのは、機能低下のスピードアップに繋がります。

 

 

・唾液腺マッサージ

唾液腺をマッサージすることによって、唾液の増加效果と唾液分泌の機能が低下していないかのチェックもすることができます。

 

ソース画像を表示

 

 

 

・食事、食材を見直す

先程、咀嚼回数を増やすと唾液の分泌も増えると言いました。顎が疲れることもなく、長い間噛み続けられる食材を選びましょう。

 

 

 

・水分補給

唾液は体内の水分量と関連しています。体中の水分が減少していますと、それに伴い唾液量も低下していきます。喉が乾いたと感じたら、水分不足のサインかもしれません。

 

 

 

・歯肉マッサージ

ご自身で行う唾液腺マッサージとは違い、歯科医院で、お口の中から粘膜など歯肉をマッサージし、唾液の分泌を増加させるものになります。

 

 

 

 

 

みなさん人それぞれ原因も違うため、治し方など違ってきます。

ご自身の唾液の分泌の低下について気になることがありましたら、お近くの歯科医院に受診していただくことをおすすめします!

 

 

 

 

当医院でも、気軽にご相談ください 😉 

 

 

pagetop