歯科放射線について②|池袋の歯医者さんムクノキ歯科 池袋駅徒歩3分

池袋の歯医者さんムクノキ歯科 池袋駅徒歩3分

診療時間 月~金 10:00~19:00
               土曜日 10:00~18:00
休 診 日 日・祝日

0339884848

24時間WEB予約受付中

お問合せフォーム

お知らせ

歯科放射線について②

お知らせ

2021.02.25

 昨日は日常で浴びる放射線量についてお伝えしました。

 

 .一方、歯科治療で口腔内の限られた範囲を撮影するレントゲンの放射線被ばく量は、

1回あたり約0,01mSv、上下顎を一度に撮影できるパノラマX線写真では0,03mSv、

歯科用CTは0,1mSvです。このように非常に少ない値ですので、安心・安全にレントゲン撮影を受けて頂く事が出来ます。

 

  また、レントゲンを撮る際には、防護用エプロンを着用することがありますね?

これは特殊な加工を施しており、放射線源(放射性物質)の透過を緩和し防護服を着ることで

より身体への影響を減らす事が出来ます。

 

 赤ちゃんが生まれてくる前に治療を終わらせたいけれど、レントゲンが必要を言われたらどうしよう…。

とお悩みの方もいらっしゃると思います。国際放射線防護委員会の勧告によると、

妊婦さんが出産までに浴びていい放射線源は10000mSvです。

それに対して、歯科のレントゲンは1~20mSvなのでそれほどレントゲンを心配する必要はありません。

                

 安心してレントゲンを撮ってください 😉

                                         歯科衛生士 杉谷

 

pagetop