歯石除去について考えよう!|池袋の歯医者さんムクノキ歯科 池袋駅徒歩3分

池袋の歯医者さんムクノキ歯科 池袋駅徒歩3分

診療時間 月~金 10:00~19:00
               土曜日 10:00~18:00
休 診 日 日・祝日

0339884848

24時間WEB予約受付中

お問合せフォーム

スタッフブログ

歯石除去について考えよう!

スタッフブログ

2018.11.15

歯石除去、定期的に受けていますか?

歯医者に行かなきゃとはわかっていても、歯医者は痛いというイメージや機械音が苦手で「痛みがなければいいか」と引き延ばしにしている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

歯医者に行って歯石をとるのは面倒ですよね。そこで今回は歯石の原因から除去の方法と自宅でのケアについても紹介していきます。

歯は食事をすると表面のミネラル成分であるカルシウムやリンが溶け出してしまいます。しかし唾液の中にミネラル成分が含まれているのでこれによって元に戻ります。このように虫歯にならないように唾液に含まれた大量のミネラル成分によって、歯に残されたプラークが48時間で歯石になってしまうのです。

歯石の中に穴がたくさん開いていて、たくさんの細菌が住み着いています。細菌は歯周病の原因になります。歯周病は歯を失う原因になるだけではなく、糖尿病心臓病脳卒中など生活習慣病を引き起こしたりするので歯周病の改善は健康管理に大切な要因になっています。

 

歯石除去は痛い??

歯石除去の痛みには個人差があります。歯石の量が多ければ時間もかかります。

長い間こびりついていた歯石はとても固くなり簡単には取れなくなります。そのため術者は機械のパワーをあげて除去していきます。このため知覚過敏による痛みのほかに、振動による独特の不快感を痛みと感じます。さらに歯石は見える部分だけでなく歯茎の下の部分の見えないところにも付着してきますのでこれを除去していくには大変な作業になっていきます。歯石が凝り固まる前に除去しておくのが痛みを少なくする一つの方法となるのです。

 

歯石除去をした後によくシミることがあります。これは歯周病が進行して歯の周りの骨が溶けてしまったことが原因です。歯石や汚れで根の周りが覆われていたものが、歯石を取ることによってお口の中に直接、歯の根の部分が露出してしまうためシミてしまいます。これが知覚過敏です。

シミてしまった場合にはフッ素の塗布や、新しくプラークをつけないように丁寧に歯ブラシをあてることで唾液中のミネラルが再石灰化してシミは治まっていきます。2,3日で治まってくることが多いですが、あまり長く続くようでしたら歯医者さんで見てもらうことをお勧めします。

 

歯石の予防

 

まずは日々の歯ブラシ!をしっかりすることです。歯石は唾液とプラーク、血液からできています。プラークは24時間で作られ、歯石は48時間で作られます。特汚れがたまりやすいのが歯と歯の間です。表面上では綺麗に見えても間に磨き残しがある場合が多くあります。

歯間の汚れはデンタルフロスで除去しましょう。

1日1回はデンタルフロスをすることを習慣にしましょう。プラークが作られる24時間の前に汚れを除去して歯石を予防します。

また、表面がザラついた歯は汚れが付着しやすくなります。あまり研磨剤の粒が大きくない歯磨き粉を選んで使うことも効果的です。

 

まとめ

歯石についての少し知っていただけたでしょうか?歯石は誰でもついてしまうものなので、日々のケアをしっかりしておいしくご飯を食べられるようにしていきましょう。

pagetop