必要な治療のために、必要な設備を揃える。

医療設備

導入する考え方

「常に患者さんの立場に立った治療をする」そのコンセプトのもと、治療に必要な医療設備を揃えています。

例えると「◯◯さんに必要な治療は、この治療方法。でも機材が足らない。それなら揃えよう」。そうして今まで医療器具を購入しています。

ベストの治療をおこなうための道具。ムクノキ歯科では、惜しみなく設備にもチカラを入れています。

完備した設備

マイクロスコープ(カールツアイス)

マイクロスコープを使うと肉眼の2倍から24倍に拡大して診ることが出来るため、より正確でより精密に、そして安全に治療を行うことが出来ます。
特に、重度の虫歯治療(根管治療)においては、アメリカで1998年に根管治療の専門医はマイクロスコープを使うことが義務付けになるほどで、もはや必要不可欠と行っても過言ではないでしょう。

歯科用CT

当院では、Shirona社製の歯科用CT【ガリレオス】を使用しており、被爆量は医科用の1/100~1/400(29マイクロシーベルト)です。
インプラントの診断や、歯周病による骨欠損の状態、歯根の膿、上顎の炎症、下顎の神経の走行など二次元のレントゲン撮影では不可能な口腔内の奥の様々な状態を診断できます。
特に安全性と正確性が求められるインプラント治療にはCTによる3次元診断は必須と言えます。また、院内で導入しておりますので、CTの結果をすぐにお見せすることができるのも特徴です。

レーザー治療

当院では最新のレーザー治療器を導入することにより、痛みを 最小限に抑えることが出来ます。 また、レーザー治療器を併用しお口のメラミン除去、歯周治療ができます。

電動麻酔

こちらの電動麻酔器により、なるべく痛みが感じないスピードで注射が可能となります。

笑気麻酔

「笑気」とは、全身麻酔に使う麻酔ガスの1つで、治療の不安を取り除きます。

滅菌

院内感染防止のために治療器具はすべて滅菌処理した後に滅菌パックに入れて保存しております。

ピエゾーサージェリー

外科処置治療において骨の切削に使用。三次元超音波振動機器です。

ノーベルガイド

コンピュータガイドシステムによるインプラント治療です。コンピュータ上でCTデータを元に正確なインプラント治療計画を立てます。

このページの先頭へ